手軽に設置出来る自販機~導入オーナー援助サイト~

案内

人気を集めている

こども

自販機の利用者は後を耐えないもので、毎日のように誰かが飲料を購入しています。また、最近はルーレットなどで当たりがあるタイプの自販機が人気を集めているので設置を考える際は人気のものを選ぶのも一つの手です。

無料で設置が出来る

缶

自販機の設置は基本的に無料で行なってもらうことが出来るので、設置にかかる費用は必要いりません。また、定期的にメンテナンスをしてくれる他にも補充や空き缶の回収をしてくれるメーカーもあるので便利といえるでしょう。

二つの方法がある

ペットボトル

自販機導入の方法について

自販機導入には大きく二つの方法があります。一つはフルオペレータータイプ。オーナーは土地と電気代のみ負担し、飲料の補充,機械のメンテナンス及び売上代金の収集等のサービスは、すべて運営会社側で提供されます。但し、オーナーの取り分は売上の20%前後となりますので、ひと月の電気代が3〜5千円とすると、ひと月で最低150〜250本以上売り上げないと利益が出ません。二つ目はセミオペレーションタイプ。オーナーは自ら自販機をリースもしくは購入して調達,設置し、飲料の選択,補充その他すべての作業を自前で行います。その為利益はすべてオーナーの手元に残ります。小売店の営業と同様に、オーナーには商売のセンスが問われます。その為リスクをすべてオーナーが引き受けることとなり、フルオペレータータイプに比べ利益率は高い半面、失敗した場合は自販機の処分等、大きな負担を強いられる可能性があります。

フルオペレータータイプ導入について

自販機設置を考えるオーナーは、余った土地を有効利用して、少しでも利益が得られるなら取り組みたいという、つまりどちらかといえばダメもとで気楽に参入したいという思惑で始める方が大半です。そうした理由から、フルオペレータータイプを選択するオーナーが大半です。フルオペレータータイプを管理運営する主体は大きく二つに分かれます。一つは、メーカー直営。飲料メーカーもしくはその子会社が直接運営します。飲料の仕入れコストは直販であるため安くあげることが可能ですが、メーカーによっては品ぞろえに限りがあり、ニーズとマッチしていない場合はリスクとなります。二つ目は、一般オペレーターによる運営一般オペレーターは複数の飲料メーカーから委託を受け、設置場所を開拓し運営します。複数メーカーから飲料を調達できるため、品ぞろえはメーカー直接に比べて豊富ですが、飲料の調達コストの面では若干不利になります。いずれにせよ、フルオペレータータイプの場合は設置場所こそが成否のカギとなります。初めて導入する場合はよりリスクは軽減するため、運営会社とコストを最小限にする契約を取り交わすことが可能か注意が必要です。

身近な存在となっている

飲料

自販機は道路や建物内など色々な場所に設置されていて、飲み物をお店で購入するよりも時間短縮となります。また、気軽に購入することが出来る点もあるので人気を集めていると予測されます。